\ プロフィール更新しました /

泥汚れ強力洗剤の「レギュラー」で大量血液汚れが落ちるのか試した

泥汚れ強力洗剤の「レギュラー」で大量血液汚れが落ちるのか試したライフスタイル
この記事は約6分で読めます。

こんにちは、ぱのん(@panonbox)です。

いきなりですが3週間ほどまえに大量出血する怪我をしてしまいました。

昨日、不注意で怪我をしてしまったので病院からのスタートです

傷口が大きかったので縫合手術ですが
最近は糸で縫うのではなくて
ステープラーで「バチバチ」と止めるのですね。
紙を纏めるいわゆる「ホッチキス」

麻酔で痛みは無いが、見た目が痛かった

この出来事によって、大量の血液で真っ赤に染まったタオルが出来てしまった。そこで最近使い始めた強力洗剤でどこまでキレイになるのか実験してみました。

大量出血汚れのタオル

大量出血汚れのタオル

それではさっそくですが「タオル」のご紹介です。

ただの赤くなったタオルですが、血液汚れですので気持ち悪いと思う人もいるかと思いますので嫌な人は見ないでください。

大量出血で真っ赤に染まったタオルはこちら

この真っ赤に染まった血液汚れのタオルですが、複数枚あったのですが治療の流れの中で関係者の方に処分してもらったりしたので手元に残ってたのは、この1枚だけです。

ちなみにこのタオルを真っ赤に染めたのは、この記事を書いている私の血液なんです。

先日、自分の不注意で頭を9針縫うケガをしてしまった時に出来てしまったタオルです。興味がある人は次の記事も読んで見てください。

血液汚れとは、いわゆるタンパク汚れと言われてて非常に落としにくい汚れになります。クリーニングなどでも、別途「しみ抜き」の依頼をしておかないとキレイにならないですよね。

それと誤解が無いように書いておきますが、この汚れたタオルをキレイにしてまだ使いたいと言うことではありません。あくまで丁度洗剤の実験が出来ると思ったので試してみただけです。

ぱのん
ぱのん

基本的に処分するレベルの物なので、この記事を執筆してる時点ではすでに処分しました。

使用する強力洗剤レギュラーとは

使用する強力洗剤レギュラーとは

今回使用する洗剤は「レギュラー」という洗剤で、主に酷い泥汚れ用洗剤として開発されている洗剤です。

このレギュラーという洗剤に出会ったのは、今年の4月なので4ヶ月程度の使用期間しかありませんが、泥汚れに関しては非常に良く落ちてキレイになるのでオススメしたい洗剤の1つです。

レギュラー洗剤と出会うまでは、酷い泥汚れやワイシャツなどの首周りの皮脂汚れは「ウタマロ石けん」でゴシゴシ手洗いしていました。

もちろん「ウタマロ石けん」も安くて非常に優秀で、汚れ落としには申し分ない性能なのですが、力をいれてゴシゴシ手洗いが必要で、さらに洗剤能力が強力なのか手がかなり荒れてしまいます

ですがこの「レギュラー」を使うとゴシゴシ手洗いする必要もなく、軽くつけ置き後洗濯機で普通に洗うだけど、頑固な泥汚れを本当にキレイにしてくれます

実は「レギュラー」という洗剤は、ラグビー部に所属する人のお母さんから教えていただいた洗剤なんです。ラグビーといえば、詳しく知らない人でも泥汚れがすごい事は想像できると思いますが、そのユニフォームを常日頃から洗濯している人が、本当に良いとオススメしてくれた洗剤なので間違いないですね。

この洗剤の箱に書いてあった「トリプル酵素で血液、皮脂汚れには」という部分です。

トリプル酵素で血液・皮脂などの汚れには

血液汚れには「アルカリ性洗剤」と言われていますが、このレギュラーは「弱アルカリ性」ですので、結構期待できるかもしれないですね。

血液汚れには「アルカリ性洗剤」と言われていますが、このレギュラーは「弱アルカリ性」ですので、結構期待できるかもしれないですね。
ぱのん
ぱのん

少し高いですが泥汚れには抜群の効果ですね。毎日のゴシゴシ手洗いのことを考えるとコスパ良いと思います。

血液汚れの洗浄結果は

血液汚れの洗浄結果は

結論からいうと、そこそこ目立たないようにはなるけど一度ではキレイになりません。

写真では少しわかりにくいですが、うっすら汚れが残っています。複数回洗濯することでキレイになるような気がしますが、泥汚れのように一回で真っ白になるってことは無いようですね

今回は大量の血液がたっぷり染み込んだ状態のものなので、一度ではキレイに落とせなかったかもしれませんが、通常の血液汚れであれば問題の無いレベルまでキレイになると思います。

怪我をしたときに着ていた衣服にも広範囲に血液が付着していたので「レギュラー」で洗濯をしました。濃い色の服だったので、そもそも目立たないのですが、汚れた箇所がわからないぐらいにキレイになりました。

その他の血液汚れおすすめ方法

まず最初に血液汚れの大前提として、汚れた場合はとにかく急いで水洗いをすることです。

クリーニング店などでは、タンパク汚れと言われているように血液汚れはタンパク質でできています。そのため時間経過と共にタンパク質が固まっていき、時間が経過すると汚れが落ちにくくなっていくのです。

本当に早い段階であれば水洗いだけでも結構キレイになります。ですが水洗いだけでキレイに落とせない場合は、次に紹介する物をつかって汚れを落としやすくすることができます。

血液汚れあにオススメアイテム
  • 重曹
  • セスキ炭酸ソーダ
  • アルカリ性のマジックリン
  • 酸素系漂白剤
  • 大根おろし

最後の大根おろしは意外だと思いますが、タンパク質を分解する力があるので、血液汚れには結構有名な話です。基本的には「アルカリ性」の洗剤を使用することでタンパク汚れはキレイに落とすことができますので、ぜひためしてみてくださいね。

さて今回はいかがだったでしょうか?

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

この記事を書いた人
ぱのん

複数の会社を経営しています。
だけど、すべての労働所得を合わせても同年代のサラリーマン以下の年収です(笑)
株式投資や不動産投資を行い資産形成に力を入れつつ、一方で文章力強化のためにライティングの修行を行っています。
このような私の経験を元に、見て頂いてる方に役立つ情報を提供できれば良いなと思っています。

PANONをフォローする
ライフスタイル
PANONをフォローする
PANONBOX-ぱのんボックス-

コメント